「日米腎臓内科ネット」活動ブログ

   日本・アメリカそれぞれの話題をお届けします日米腎臓内科ネット
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Scientific writing

私はwritingが苦手です。職業柄ものを書かないといけないことが少なからずありますが、毎回binge writingで済ましているため、上達しません。何度かScientific Writing Courseをとったことがありますが、最近受講したGeorge Gopenのコースは格別良かったのでここに紹介したいと思います。
Snoopy-Writing-Life.jpg
彼の根本の主張は読み手を意識せよ(Readers’ Perspective)、というところにあります。当たり前に聞こえるかもしれませんが、文章のstructureを意識することで、いかに文章を改良できるかを具体的に示しています。彼の執筆した本には、彼の主張する内容が良くまとまっています。彼のWritingのアプローチは一読の価値があると思います。もうすぐ英語を母国語としない人向けの本も出版されるようです。

George Gopen
The Sense of Structure: Writing from the Reader's Perspective


Expectations: Teaching Writing from the Reader's Perspective


波戸 岳
固定リンク | この記事を編集する | comments(0) | trackbacks(0)
< 塩分摂取と高血圧 | 腎不全における薬物動態 (その1) >
ARCHIVES
OTHERS